計算機科学のブログ

2021/08

コンテキストでの型の操作 do表記を使ってMonadを扱いやすくする do表記を使って同じコードを異なるコンテキストで再利用する IO、コマンドラインツールの構築、Maybe、Just、Nothing

入門Haskellプログラミング (Will Kurt(著)、株式会社クイープ(監修、翻訳)、翔泳社)のUNIT5(コンテキストでの型の操作)、LESSON 31(do表記を使ってMonadを扱いやすくする)、31.2(do表記を使って同じコードを異なるコンテキストで再利用する)、IO コンテキスト:コマンドラインツールを構築するのクイックチェック 31-3、Maybeコンテキスト:応募者のマップを操作するのクイックチェック 31-4の解答を求めてみる。

コンテキストでの型の操作 コンテキストとしてのリスト:Applicative型クラスをさらに掘り下げる 式の書き換え、Maybe型、pure関数、<*>演算子

入門Haskellプログラミング (Will Kurt(著)、株式会社クイープ(監修、翻訳)、翔泳社)のUNIT5(コンテキストでの型の操作)、LESSON 29(コンテキストとしてのリスト:Applicative型クラスをさらに掘り下げる)、29.5(練習問題)Q29-2の解答を求めてみる。

コンテキストでの型の操作 コンテキストとしてのリスト:Applicative型クラスをさらに掘り下げる fmap関数の汎用バージョン、Functor、pure関数、<*>演算子

入門Haskellプログラミング (Will Kurt(著)、株式会社クイープ(監修、翻訳)、翔泳社)のUNIT5(コンテキストでの型の操作)、LESSON 29(コンテキストとしてのリスト:Applicative型クラスをさらに掘り下げる)、29.5(練習問題)Q29-1の解答を求めてみる。